森本研究室へようこそ

私たちは量子力学と統計力学に立脚した物性理論の研究をおこなっています。

近年の物性研究において、物質中の電子を記述する波動関数の位相が示す幾何学的な(トポロジカルな)性質に着目することにより、物質の示す量子相についての深い知見が得られることが明らかになってきました。私たちは、量子物質のトポロジカルな側面に着目し、多様な量子相の対称性の観点からの理解と、それらが発現する特異な物理現象について研究をすすめています。特に、強相関物質や非線形応答・光学効果などに対して、非自明な波動関数の位相の構造がどのような物性現象として発現するかに興味を持って研究を行っています。研究手法としては、場の理論などの解析的な方法に、数値的な方法を織り交ぜながら研究を行っています。
具体的な研究としては以下のようなものが挙げられます。

  • トポロジカル量子相(トポロジカル絶縁体、ワイル半金属の分類理論・電磁応答)
  • 非線形光学効果、非線型伝導(シフト電流、非相反電流)
  • 非平衡定常系(フロッケ理論・ケルディッシュグリーン関数)

より詳しい内容は、研究内容をご覧ください。

 

大学院学生・ポスドク研究員を募集しています!

大学院学生:工学系研究科物理工学専攻の大学院生(入試案内)を研究室に受け入れることができます。
物性理論の研究に意欲的な方を歓迎します。
研究室見学を随時受け付けていますので、ご興味のある方は、ぜひ森本(morimoto at ap.t.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。

ポスドク:日本学術振興会の特別研究員(学振PD)を受け入れることができます。
こちらもご興味のある方は、ぜひ森本(morimoto at ap.t.u-tokyo.ac.jp)までご連絡ください。

English page is here.